よくある質問 

お問い合わせ

リフォームの見積もりに関する第3者へのご相談サイトへ | 老築化対応のためのリフォームとは

見積もりチェック.com

お見積りチェック.comTOPページ > リフォームの目的別 > 老築化対応のためのリフォームとは

リフォーム工事をされる前に

家屋を修繕する工事はリフォームの原点です

家屋を修繕する工事はリフォームの原点です

リフォームと一概に言いましても、昔は「修繕工事」「改修工事」といったように区別されていました。 これをまとめて『リフォーム』と現在では呼んでいます。

修繕工事は、字の如く経年変化や天災などで雨漏りや壊れたところを修繕する工事を指します。
屋根の葺き替え工事、外壁の塗装や張替え工事などが、この工事に該当します。
マンションなど集合住宅で必要な大規模な修繕工事は、管理組合がに経年変化などを事前に計算して、修繕計画を立てて防水工事や外壁工事を実施しています。

一般の家屋では、すべてを計算して修繕計画を立てて実行している家はまずないのが現実ではないでしょうか。

老朽化した家を焦ってリフォームするのは考えものです

近くで工事をしているリフォーム会社が、
「お宅の外壁にひびが入っていて水が浸みています! 今すぐ塗装工事をしないと大変なことになりますよ!」
と言われたために、慌てて外壁塗装工事の契約をしたなどの話を聞きます。

確かにひびが見つかったら、修繕するに越したことはありませんが、外壁全部を塗装しなければならない状況なのかどうかは、また別の問題です。
屋根などは、特に普段目にすることがありませんから、劣化や傷みを見つけづらく、
「雨が漏れて初めて気がついた」
ということもよく聞く話です。

老朽化した家を失敗せずにリフォームするための心得とは

老朽化した家をリフォームするのは大切なことですが、
状況をよく観察して、その状況にふさわしい決断を下さなければ損をしかねません。
しかし、一般の過程では、自宅の状況を正しく把握するのも決して楽ではないかもしれません。

たとえば、屋根を直接見て点検するとなると、高い場所は危険ですし難しいでしょう。
しかし屋根に上らなくても、屋根をたとえ一部でも見ることが可能になれば、ある程度の屋根の状態を判断する方法も見つかります。

そういった点をご自身で把握した上で修繕工事に着手しても決して遅くはないでしょう。
状況を正確に把握することが第一に大切で、見た目に惑わされずに正しいリフォーム内容を考え出すことが第二に大切です。

もちろん見映えのよさも大事ですが、
「家は『雨、風、寒さ』をまず防ぐ」
これが基本です。

国土交通省