よくある質問 

お問い合わせ

リフォームの見積もりに関する第3者へのご相談サイトへ | 安全性向上のためのリフォーム?

見積もりチェック.com

お見積りチェック.comTOPページ > リフォームの目的別 > 安全性向上のためのリフォーム?

リフォームの目的別

地震に強い家に変えようとしてひどい目に会う人も

地震に強い家に変えようとしてひどい目に会う人も

地震大国ニッポン……。

日本は世界的に見ても火山が多く、大きな地震が度々発生しています。

昔から日本では地震から家を守るためにいろいろな工夫がなされてきました。現在でも研究者やメーカーが、地震に強い家屋(耐震住宅や免震住宅が有名ですね)を日々研究開発しています。

しかし、築年数が経った住宅を耐震性の強い住宅にしたいときは話が違います。やはり何か手を相当加えないと耐震強度が上がりません。

それではどんな手の入れ方をしたら、古い家屋の耐震性が上がるのでしょう? 
一般の方には中々想像もつかないことだと思います。

「地震に強い特殊な金物で、耐震工事をしませんか?」
とリフォーム会社から熱心に勧められ、
「不必要な工事を高いお金で契約してしまった……」
というケースが増えています。

地震に強くする工事は大がかりな工事とは限りません

地震に強くする工事は大がかりな工事とは限りません

望ましい工事はケースバイケースで変わりますが、単純でも効果的な工事方法がたくさんあります。

例を一部ご紹介しましょう。
たとえば、力板という工事もあります。、天井裏の一部に板(構造用コンパネ)を釘で張るだけなのですが、大きな補強効果をもたらします。

また、屋根の葺き替え工事行う場合、既存の重い屋根材を新しい軽量なものに変えるだけでも、頭が軽くなる分、耐震性は大きく向上します。

高い出費や特殊な工事をしたからといって決してベストな耐震工事とは言えません。
不必要な耐震工事ではなく、必要不可欠な工事を優先しましょう。

 

国土交通省